広島県で事業用土地探し。土地探しのコツやおすすめの土地条件は?【広島で土地探しの無料相談は広島不動産へ】

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島県で事業用土地探し。土地探しのコツやおすすめの土地条件は?【広島で土地探しの無料相談は広島不動産へ】

広島県内で事業用の土地を探したい!このようなとき、どのように土地探しをすれば良いのでしょうか?この記事では、事業用の土地の探し方、コツ、注意点などを解説していきます。また、広島県内で事業用土地探しのお悩みや相談は、広島不動産までお問い合わせ下さい。

事業用の土地とは

事業用の土地とは、その土地に賃貸アパートやマンションなどを建設し、収益を得るために活用する不動産のことをいいます。アパートの他にも、ビル、店舗、駐車場、高齢者住宅などがあります。事業用土地は、その土地でどのような事業を行えば収益を上げることができるのかを、事前に市場調査することが必要です。例えば、アパート経営する場合は、駅の乗降数、駅距離と賃料、周辺アパートの稼働状況などを調べます。調べた結果、周辺にアパートが少なく高稼働率が続いていることや、駅の乗降数が年々伸びていれば、需要が見込めるなどの調査結果をもとに、事業化するか否かを判断します。

事業用土地の特徴

ここでは、主な用途別の事業用土地の特徴について解説します。

アパート・マンション

アパートやマンションは、入居者を募集し毎月の賃料収入で収益得る事業です。一般的にアパート建設には、最低50坪~60坪程度の土地が必要で、整形地の方が建設しやすいです。また、アパートは建設コストがマンションより掛からず、初期費用は安価です。したがって、賃料を安く設定できるので好立地である必要はありません。商業施設・小学校・保育園に近いなど、生活しやすい市街地であり、駐車場が整備されていれば借り手は確保しやすいのです。

一方マンションは、アパートに比べ土地を広く確保し、建築コストも多額です。また、戸数も多いので好立地が必須です。好立地である分、需要が見込め賃料設定を高くできます。マンションは、JRの駅徒歩圏の立地や、広電の電停の徒歩圏立地など、通勤通学を公共交通機関に頼る世帯がターゲットになります。

駐車場

駐車場には、主に月極駐車場とコインパーキングがあります。駐車場は整形地のみならず、一般的に建物が建設しにくい、都市部の狭小地や変形地の有効活用できるのが特徴です。駐車場の車室の広さは、幅2.5m×奥行6mとなります。2台分のスペースが確保できれば、コインパーキング経営は可能となるので、広さ30㎡程度の土地があれば駐車場にできます。

尚、月極駐車場は一般的にマイカーや商用車等固定客相手になるので、住宅街やオフィス街などの土地がおすすめです。コインパーキングは、不特定多数の一時利用の駐車需要となるので、繁華街などの買い物客需要が見込める立地や、大型病院や市役所など大型施設の傍にある土地であればおすすめです。

ビル

ビルは主に、オフィス街や繁華街など人が多く集まる地域に需要があります。オフィスの場合は、多くが公共交通を利用するので、駅や電停などからの近さが重要です。また、繁華街では主に店舗や事務所となるケースが多く、狭小地でもビルが建設できる場合もあります。尚、ビルを建設するには用途地域や高さ規制、道路斜線規制などさまざまな制約があります。

店舗

店舗用の土地は、主に幹線道路沿いが多いです。来店客のほとんどは車で来るため、店舗の規模感に応じた駐車場の整備が必要になります。店舗用とは、コンビニ、ファミレス、ショップなどが主で、土地の広さは駐車場を整備することを考慮すると200坪~300坪程度必要です。尚、店舗用に適した立地は、車からの視認性の良さ、敷地への入りやすさ、中央分離帯の有無がポイントです。仮に、交差点の角であれば店舗が見つけにくく敷地に入りにくいので、集客が伸びづらい傾向があります。また、中央分離帯があれば店舗が接地している車線側からのみの集客となり、交通量に対しての半分しかターゲットになりません。このように、幹線道路沿いでも立地の状況により集客は大きく変わってきます。

高齢者施設

高齢者施設とは、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅です。土地面積は、おおよそ300坪~400坪、建物規模で600坪前後となるため、主に郊外に建設されることが多いです。高齢者施設は、今後も需要が見込めます。初期投資は掛かりますが、事業者が見つかれば安定的に経営できます。

事業用の土地の探し方

ここからは、事業用土地の探し方について解説します。

インターネットで探す

まずは、インターネットで探す方法です。広島+事業用土地と検索すればさまざまなサイトが閲覧できます。尚、広島不動産でも事業用土地の販売を行っています。

(広島不動産公式HP)https://fudousan-azukari.com/

不動産会社の店舗に出向く

次に、不動産会社に出向くことです。不動産会社に行けば、HPに掲載前の物件や掘り出し物の物件があるかもしれません。また、探している条件等を予め伝えておけば、出物があったときに優先的に情報を貰えることもあります。尚、広島不動産は広島県内出張無料相談も行っています。

事業用土地探しのコツ

ここからは、事業用土地探しのコツについて解説します。

不動産会社と密な連絡を取る

希望エリアを予め定めておき、そのエリア内にある不動産会社は全て訪問し、担当者と密な連携を取ることです。より良い情報を得るには、情報を伝えてくれる窓口を増やすのが効率的な方法なのです。尚、広島不動産は広島県内の不動産事業に特化しており、どの不動産会社よりも多くの情報を揃えています。広島県内で、事業用の土地を探すなら、まずは広島不動産までお問い合わせください。

現地や周辺環境を確認する

次に、現地は必ず見ることです。現地を見なければその土地のポテンシャルを把握することは出来ませんし、事業を行える土地であるか否かの判断もできません。また、土地は必ずしも更地であるとは限りません。土地の現況の確認や、敷地までのアクセス性も確認します。

尚、詳細な部分となると、公図で土地のおおまかな位置関係の確認や、地積測量図にて土地の形等を確認し、境界標にて敷地境界が決まっているのかを確認します。また、平日や休日、日中や夜間などの異なるシチュエーションでの、人通りや交通量などの確認も必要です。

周辺の建物や施設を確認する

最後に、周辺の建物や施設の確認です。アパートやマンションであれば、パチンコ屋などの険悪施設があれば入居者は敬遠しますし、集客が見込める店舗がなければ駐車場経営は成功しません。周辺を歩くなど調査することで、収益が見込める立地であるかがわかります。

まとめ

広島市内は広島県内でも人口が多く、特に中区・西区・東区・南区・佐伯区等は事業を行うには最適な立地です。土地の購入には多額の資金が必要となるので、判断は慎重に行う必要があります。それぞれの事業の特性をよく理解し、その事業に合致した土地をみつけられるよう、まずは情報を多く収集し、ひとつずつ精査していくことが重要です。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.