売却を始める時期はいつがよいのか、高値で売れる不動産の条件

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

売却を始める時期はいつがよいのか、高値で売れる不動産の条件

一般的に不動産取引の多い時期は

売買が一番多い時期は2月3月

一般的に不動産の売買が多い時期は、2月3月と9月10月です。なかでも一番多いのは2月3月です。理由は4月から新年度を迎えるにあたり動く人が多いからです。例えば、お子様の小学校が4月から入学であれば小学校に入る前までに引っ越しをしておきたいのでこの時期に多く、保育園幼稚園関連も同様になります。また新年度で4月から転勤やその他新しい生活を始める人が多いのはこの時期になるので不動産の需要は高くなります。次に9月10月は、秋口で気候も落ち着いてきているので、現地の見学や建物内見時に見学がしやすかったりします。また年末までに家を購入しておきたいという一定の需要があるのもこの時期です。駆け込みではないのですが、不動産の検討を越年したくない、できれば年内に契約を済ませておきたいという一定層の考え方があるのです。 

取引が少ないのは8月と12月

逆に不動産の取引が少ないのは、8月と12月になります。8月は殆どの人が夏休みを取得するので、遠方に旅行したり、花火大会やお祭りに出掛けたりとレジャー色の強い時期になるので不動産に興味を注ぐ時期ではありません。また暑かったりすると内見に行くのも大変ですし、部屋内にエアコンがなかったら見学も一苦労なので不動産をじっくりみるという感じにもなりません。また不動産会社が夏季休業を取る影響もあるのかもしれません。次に、12月は8月同様クリスマスがあるのとそれが終わると年末モードになるので忙しない雰囲気となります。よってあまり不動産を検討しようという感じにはなりにくいのです。また1月に関しても不動産売買自体は少ないのですが、新年明けて不動産検討に動き出す人も多く、新築マンションではお正月からの営業でも予約で満席というケースも多くみられます。したがって、1月くらいから販売を開始しても早すぎないというのが近年の傾向となっています。

売り出しはいつが良い

従って、売り出し時期が選べる状況であるのであれば、不動産売買の繁忙期である2・3月あたりに向けて徐々に市場が温まりつつある時期1月下旬くらいから販売を開始するのが一番良いのです。この時期から出しておけば、今年から探し始めた人がまずインターネットで物件を検索した時に、目に留まりやすいです。多くの人の目に留まれば問い合わせや資料請求も多く取れますし、その後の内見に進む可能性も高くなります。また、3月上旬までに決めて4月上旬の春休み期間に引っ越しをしたいと考えると、比較的早期に売却が決まる可能性は高いのです。

高値で売れる不動産の条件

不動産が高値で売れる条件とは、ズバリ不動産の需要が多い要素がいくつあるかによります。需要が多い要素とは何でしょうか?下記に挙げてみます。 

【マンションの場合】

・駅に近い

・南向き

・角部屋

・眺望が良い

・需要がある部屋のサイズと間取り

 

【一戸建ての場合】

・駅に近い

・南側に接面道路

・土地が整形地

・角地 

マンションの場合は何といっても駅に近いというのは外せない条件です。中心部に向かう路線の主要駅徒歩5分以内であれば需要は高くなります。また日当たりが良い南向きや眺望の良い住戸や角部屋も同様です。また付加価値的な部分としてスカイツリーが見える、富士山が見える、京都御所の傍など、有名な建造物が見えたり景色が良かったりすると需要が増す場合もあります。更に、部屋のサイズと間取りも重要で1LDKは40㎡、2LDKは50㎡~60㎡、3LDKは70㎡~75㎡、4LDKは85㎡~90㎡が一般的に求められるサイズと間取りになります。例えば1LDKで60㎡や2LDKで80㎡などは需要が少なく売りにくい物件となるケースが多いのです。

一戸建ては駅から離れているのが一般的であるので駅に近い物件は希少です。また南面道路であれば南向きに日当たりが取れるので人気があります。また土地が整形地であれば建物も再建築しやすいですし、角地であれば需要も高いので高値で売れる可能性は十分にあります。他には、人気の分譲地であったり教育環境が整っている自治体であると付加価値が付く可能性があります。 

周辺の売り出し状況を確認し、販売開始時期を見極める

不動産の売却を始めるにあたり気を付けなければならないことは、競合となる物件が周辺にどのくらいあるかです。例えば、売却を始めようとした時期に周辺に同じような広さや間取り、価格帯の中古物件が多く出ているようであれば売却に時間が掛かる可能性があります。また新築の住宅が周辺で分譲されていると同様です。物件が競合すると大概周辺で一番条件の良い物件か一番お得感のある物件から成約になっていきます。日当たりや眺望など条件が良いのであれば価格はそのままでよいと思いますが、少しでも劣っていたりお得感がない価格設定になっている場合は、値下げを余儀なくされ思い描いていた不動産売却ができなくなる可能性が高くなります。また新築物件が出ているときも出来れば避けたいです。まず価格は新築とだいぶ差をつけないと見向きもされません。理由として日本人は新築住宅を好むからです。少々の価格差なら新築を選びますし新築は設備が新しく、アフターサービスもしっかりしてついているので安心感が強いからです。なのでこちらの場合も思った通りの金額では売れない可能性が高いのです。

販売の開始時期としては、周辺に中古物件が少ない時期、また新築住宅が出ていない時期を見計らって始めるのが得策です。

同じマンション内で売却時期が重なると

大規模マンション等の場合によくあるのですが、新築で入居して所有期間が5年超になるタイミングで売り出しが重なるケースがよくあります。これは所有期間5年超で売却をして利益が出た場合に税率が下がるからです。同じマンション内で同じような広さ・間取り・価格帯で複数物件が売りに出ている場合も売却に時間が掛かる典型的なパターンです。競合があるので早期に売却をしたければ値下げをしないといけません。また他の物件が値下げされてしまうと自身の物件が売れにくくなってしまうので値下げをせざる得なくなり、いっそ値下げ合戦のようなことにもなりかねません。なので同じマンション内で他に売却物件が出ていない時期に販売を始めることが得策です。

まとめ

売却を始める時期として一番良いのは、不動産取引の繁忙期です。更に周辺に自身で売却をしようとしている物件と同じような中古物件が少ないのが理想です。販売時期を間違わなければ無駄な値引きをせずに売り切れる可能性も追及できるので、不動産屋さんに相談に行く前に不動産サイトを見ながら周辺の売り出し状況を把握し、絶妙なタイミングを探ってみましょう。これは少しでも理想の金額で売る為のテクニックの一つです。

 

広島で不動産の売買をするなら広島不動産におまかせください。

最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.