~広島県内での不動産仲介会社の選び方~ 不動産売買は広島不動産へお任せください

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~広島県内での不動産仲介会社の選び方~ 不動産売買は広島不動産へお任せください

 

広島県内で不動産売却を進めるのに大事なのが、どの不動産会社に仲介してもらうかです。理由として不動産仲介は、不動産会社により取引をコントロールできるからです。つまり、その取引が不動産会社の都合で行われるか、お客様ファーストで行われるかで、売却までのスピード感が違ってきます。では、不動産売却のキーポイントになる広島県内での不動産会社選びについて、解説していきます。

 

仲介会社とは

仲介会社とは、個人間売買において不動産取引をする場合に、双方の取引が円滑に進むように調整をするのが仲介会社です。売主買主の間に入り、内見・契約・引渡しの日程調整、手続き遂行、関連業者の調整など、業務は多様です。また、取引が成立した場合のみ、双方から仲介手数料が支払われる成功報酬型が一般的になっています。この仲介手数料について一部仲介会社による“囲い込み”があり問題となっています。

 

仲介会社の囲い込みとは

囲い込みは、仲介会社が売主買主から仲介手数料を得るために、用いる手法です。例えば、○○不動産が売主Aさんから売却の依頼を受けました。この場合売却方法は2通りあり、ひとつはA不動産会社が広告などで売却活動を行い、買主を見つける。もうひとつは、レインズ(全国の不動産会社が閲覧できるデータベースで、登録義務がある)に登録しているので、他社からの買主紹介を受ける、です。前者の場合、自社で買主を見つけているので、双方から手数料を得るのに問題はありません。後者の場合、売主Aさんから手数料を受け取れますが、買主の手数料は、買主を紹介した仲介会社に支払われます。この後者の方を嫌い、一部仲介会社では買主紹介を受けても、“もう申込済みです”などと嘘を言い、買主紹介を断ることが行われています。これがいわゆる囲い込みで、業界の悪しき文化となっています。このことでの一番の問題は、売主Aさんの売却機会を、仲介会社の都合で失っていることです。売却機会を逃した物件は、販売が長期化したり、価格を下げたりなど影響が出てきます。以上のことは、大手不動産会社で横行しているのです。

 

広島不動産の仲介は

広島不動産は、広島県内の不動産営業に特化する地域密着型です。地元に詳しいので、実績と信頼を多くいただいています。

広島不動産の仲介は、お客様ファーストです。まず、売却物件は45日以内の早期売却を目指します。そのために、他社への協力は積極的に仰ぎ、買主を徹底的に探します更に、買取り保証をつけて、“万が一の売れない心配”を解消します。この2段階の提案ができるのは、広島県内では広島不動産のみです。また、不動産売却と同時に、不用品処分やリサイクル品買取りや、売却前のリフォームを格安で提案したり、空き家や古家付きの土地の場合、解体工事の依頼もできます。

 

まとめ

広島県内の不動産売却は、広島不動産にお任せください。広島不動産は、お客様が満足いく不動産取引を目指しています。広島県内(特に広島市中区・東区・南区・西区・安佐北区・佐伯区、廿日市市)での不動産に関する相談や、お悩みはぜひ広島不動産までお問い合わせ下さい。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.