~不動産売却時、購入時に必要なもの~ 不動産売買は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~不動産売却時、購入時に必要なもの~ 不動産売買は広島不動産へ

広島県内で不動産の売却・購入を検討する際、まずは仲介会社との相談となりますが、その後手続き等進める場合に、必要となる書類もでてきます。そこで、今回は不動産売却時と購入時に分けて必要となる書類を解説します。これを知っていれば、いざ売買時慌てなくてすみますね。

不動産売却時に必要な書類

売却時に必要となる書類を、マンションと一戸建てに分けて紹介します。

マンション・一戸建て共通

・印鑑

・身分証明書(運転免許証・パスポートの他顔写真付きの証明書)

・住民票

・登記識別情報

・固定資産税納税通知書及び固定資産税評価証明書

・ローン返済予定表

・銀行口座がわかるもの

以下は、所持している場合のみ提出します

・住宅性能評価書、設計住宅性能評価書

・重要事項説明書と売買契約書

・購入時のパンフレットと図面

マンションのみ

・管理規約集

・建築確認済証と検査済証(購入時に売主から受領)

一戸建てのみ

・土地測量図

・境界確認書

※他、物件により必要になる書類あり

上記が不動産売却時に必要になる書類です。基本は手元にあるものが多く、登記識別情報は購入時に司法書士事務所から送付されています。固定資産税納税通知書は、毎年春頃に納付書と一緒に送られてきます。固定資産税評価証明書は、役所で取得します。住宅性能評価書や重要事項説明書は、所持していれば提出します。また、一戸建てのみですが土地測量図は法務局で、境界確認書は購入時に受領しています。

不動産購入時に必要な書類

購入時に必要な書類を、契約前と契約後で紹介します。

売買成約前

・収入証明書(直近の源泉徴収票or確定申告書、勤続1年未満は給与明細)のコピー

・身分証明書のコピー

・健康保険証のコピー

・印鑑

売買成約後

・住民票(原本、3か月以内に取得したもの)

・印鑑証明書(原本、3か月以内に取得したもの)

・印鑑(実印)

・収入証明書(原本)

・身分証明書と健康保険証(コピー)

購入者が必要な書類は、ほぼ住宅ローン関連のものになります。契約前はローン事前審査となりますが、書類は全てコピー可となります。契約後のローン本審査時の書類は、原本提出が基本です。尚、現金購入で個人の場合は、印鑑と身分証明書のみとなります。

まとめ

ここまで不動産売買に必要な書類をご紹介しましたが、物件により必要な書類が追加になる場合もあります。尚、広島県内での不動産売買は、広島不動産にお任せください。特に、広島市中区、東区、西区、南区、佐伯区、安佐北区、廿日市市の不動産売買は、広島不動産にお問い合わせください。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.