~広島県内で空き家に悩んでいたら~ 空き家対策は広島不動産にお任せください

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~広島県内で空き家に悩んでいたら~ 空き家対策は広島不動産にお任せください

全国的に問題となっている空き家問題。空き家は年々増加しており、空き家の活用方法についてはさまざまな取り組みがされています。今回は、喫緊の問題でもある空き家対策について解説します。

空き家問題とは

日本全国に空き家は2018年に1000万戸を突破しています。地方都市に限らず都市部においても空き家が断続的に増え続けています。空き家になる一番の原因は、“相続で実家を引き継いだが遠方で管理ができない”です。更に、解体しようにも多額の費用が発生したり、解体して更地にすると住宅用地の特例が使えなくなり、固定資産税が6倍と高くなるので、空き家として放置というケースも多いようです。

空き家になるとどうなる

空き家になると管理が行き届かなくなるので、建物が朽ちてきます。近年災害も多い日本ですが、朽ちた空き家の屋根が台風や突風で飛んで、他人の家に被害をかける可能性があります。また、2015年に“空き家対策特別措置法”が施行され、周囲に悪影響を及ぼすような特定空き屋に行政から指定をされた場合に、固定資産税の優遇がなくなります。したがって、空き家は放置するとリスクも被ってくるので、早めに売却等を行い処分した方がよいのです。

空き家に対する優遇税制

空き家を売却した場合には、通常所有期間により税金が課せられますが、空き家の3000万円特別控除が使えれば、譲渡価格から3000万円を差し引いて税額の計算ができます。例えば、空き家を売却して譲渡価格が2500万円であった場合、3000万円特別控除を使うと、2500万から3000万円を差し引けるので、税額は0円となります。尚、相続人が2人いる場合も各々に3000万円特別控除が使えます。

3,000万円特別控除が使える条件

尚、適用できる空き家の主な条件は下記のとおりです。

・相続開始直前において被相続人が一人で居住していた

・昭和56年5月31日以前に建築された区分所有建築物以外の建物

・相続日から起算して3年を経過する年末までに譲渡する

・引渡しの日までに耐震リフォーム、若しくは家屋を取り壊す

 

上記以外にも、使える条件があるので詳細は広島不動産にご相談ください。

まとめ

広島県内で空き家に関する悩みや相談は、広島不動産がお受けいたします。広島不動産は、県内の空き家対策にも取り組んでおり、空き家の売却・空き家の解体、その後の土地活用まで、幅広く相談に応じられます。特に、広島市中区・東区・西区・南区・佐伯区・安佐北区、廿日市市の空き家物件は、広島不動産にお任せください。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.