~中古マンションで人気の間取り、ロケーションとは~ 広島県内マンションの売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~中古マンションで人気の間取り、ロケーションとは~ 広島県内マンションの売却は広島不動産へ

マンションには人気の間取りやロケーションがあり、その条件を満たしていると早期・高値で売却できる可能性があります。では、広島県内で中古マンションを売却・購入する場合に、人気のある間取りやロケーションを紹介します。

各間取りの人気の広さは決まっている

各間取りの人気の広さ(=需要が広さ)は、決まっています。1LDKであれば40㎡、2LDKであれば55㎡(ローン控除や税制の優遇が使える広さ)~60㎡、3LDKであれば70㎡という具合です。仮に、1LDKで50㎡となると、需要の多い40㎡より広く割高になります。同様に、2LDKで80㎡や3LDKで90㎡など人気の広さからかけ離れすぎると、売却には苦労します。反対に、1LDKで35㎡だとリビングや洋室が狭くなってしまうので、ワイドスパンであるなど使いやすい間取りレイアウトでなければ、引き合いはとれません。尚、2LDKで55㎡前後の部屋は、一般的に売却も賃貸もしやすい広さと言われています。マンションとしては都合の良い広さであるので、将来的に転勤など先行きの見通しがつきにくい場合、2LDKの55㎡前後がお勧めです。

 

人気のある間取りレイアウトとは?

人気のある間取りレイアウトは、横長間取りです。1LDKであればLDの隣に寝室があり、LDと寝室がバルコニーに面している間取りです。バルコニーは奥行1.5m、横幅5m位が理想です。一般的に横長間取りは、廊下が短くなるので部屋に無駄がありません。リビングも正方形に近い形で配置できるので、部屋が広く見え家具が配置しやすくなります。また、部屋に開口部があるかも重要で、全室に窓がある間取りが好まれます。次に、収納が多く配置されている間取りです。寝室にウォークインクローゼット、廊下に納戸、玄関にシューズインクローゼットなど、大型の収納が配置されているのが人気あります。

 

人気のロケーションとは?

中古マンションで人気のロケーションは、開放感のある住戸です。メインバルコニー側に建物が見えなく、周囲を見渡せる眺望です。更に、有名な建造物や有名な庭園などが見える、また夜は夜景が綺麗などマンションならではのものがあれば人気があります。

 

まとめ

広島県県内での不動産売買は、広島不動産にお任せください。広島不動産は、特に広島市中区・西区・東区・南区・佐伯区・安佐北区の中古マンションを募集しています。また、中古マンションの情報も豊富に取り揃えております。広島県内でのマンション売買の相談は、広島不動産までどうぞ。

 

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.