~土地付き一戸建て売却時に必要な測量とその費用~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~土地付き一戸建て売却時に必要な測量とその費用~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

土地がある一戸建て住宅を売却する際に、必要なのが土地の面積です。土地の面積は不動産登記簿に地積として表記がありますが、購入が古い住宅の場合に登記簿面積と実測面積が異なる場合があります。土地の面積は取引価格に影響があるので重要です。今回は、一戸建て売却時に行う測量について、またその大まかな費用について解説します。

測量が必要になるとき


測量が必要になるのは、主に土地境界が不明な時です。これは築年数の古い住宅となると、当時定めた境界がわかる資料や境界標がない場合があるのです。土地境界は、後々隣地所有者とトラブルになることを避けるため、売却時に確定しておくのが一般的です。尚、土地の測量は測量士か土地家屋調査士が行います。不動産売買の時は、土地の登記ができる土地家屋調査士が測量を行います。また、同じ一戸建ての売却でも比較的新しい分譲地である場合は、土地境界が定められている(=境界標がある)ので測量する必要はありません。

 

仮測量と確定測量

測量は、仮測量と確定測量があります。まずは、所有地の仮測量になります。土地境界が不明な部分は、想定される土地境界に仮杭を打ち、土地全体の測量を行います。仮測量が終わると、境界確定の立ち会いをします。双方の土地所有者と土地家屋調査士が立ち会い、土地境界について同意を得ます。その後、隣地所有者の同意が得られたら確定測量を行います。測量の仕方は仮測量と一緒です。確定測量が終わると土地家屋調査士は、境界確定の書面と境界確定の図面を作成し、登記することができます。

測量の費用は?

仮測量と確定測量を行う場合の費用を、30坪程度の整形地の場合でご紹介します。仮測量は1日程度あれば終了するのでざっくりと10万円前後、確定測量は隣地所有者との立会日の調整・測量・確定図面などの作成や登記まで行うので、ざっくりと100万円前後になります。合わせると測量には100万円超の費用が掛かる見込みです。これらはあくまで目安的なものであり、土地の広さ、土地の形、境界確定の時の立ち合いの人数など、手間や掛かった日数により費用は増減します。測量を依頼する前に、土地家屋調査士に見積もりを取るのがよいでしょう。

 

まとめ

広島県内での一戸建て売却は、広島不動産にお任せください。広島不動産では、広島県初45日以内の早期売却と買取り保証を行っています。出張無料相談を行っているので、一戸建ての売却は広島不動産へお問い合わせください。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.