~土地付き一戸建ての売却時は、解体して更地にしたほうがよいのか~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~土地付き一戸建ての売却時は、解体して更地にしたほうがよいのか~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

広島県内で一戸建ての売却を検討した場合、建物は残したほうが売りやすいのか、若しくは更地にしたほうが売りやすいのか迷うところです。今回は一戸建ての売却を考えている方向けに、双方のお勧めポイントやメリットデメリットについて解説します。

建物付きで売るほうが良いときとメリットデメリット

一般的に築年数が20年超の木造家屋の場合に、建物の価値は殆どなく、ほぼ土地の価格となります。つまり、建物付き売買したほうが良い時は、木造家屋であれば築浅で概ね10年以内、若しくは鉄筋コンクリート造り等で建物自体が十分に使える状態であれば、建物を残して売却してもよいでしょう。

次に、建物を残すメリットは、まず買主が住宅ローンを使えることです。住宅ローンであれば金利が低くなるので買主の資金調達が容易になる可能性があります。土地から購入して建物を建てる場合にも住宅ローンは利用できるのですが、住宅ローンが使えるのは建築会社と工事請負契約を結んだ後からになります。この場合、土地購入資金をローンで調達する場合は、一時的につなぎ融資を利用します。つなぎ融資は、手数料や金利設定も違い、書類の手続きも余計に行うので何かと面倒です。次に、解体する必要がないので、解体業者の手配や解体費用は掛かりません。最後に、建物があるので固定資産税の特例が使え、課税される額が軽減されます。更地にすると、固定資産税の軽減がなくなります。

デメリットは、買主が建物を必要としない場合に解体する手間があるので、買い手が付きにくいことがあります。次に、建物の契約不適合責任を問われる場合もあります。内見時には確認できなかった、壁の中・屋根裏・土台の不具合を指摘される可能性があり、修補や代金減額などの請求をされる可能性があります。また、引き渡し前に設備の状況表を記載し、細かく状態を把握する必要があります。建物の状況が心配であれば、事前にホームインスペクションを実施しておくとよいでしょう。

更地のほうが良いときとメリットデメリット

更地のほうが良い時は、長期間空き家となり建物が朽ちて使える状態ではない時と、建物が古く耐震性に不安がある時です。売主が解体して更地にしてくれるのであれば、買主としては解体費用を負担する必要がありません。一般的には、土地のみで売却したほうが流通性は高く売却しやすくなります。

次に更地にするメリットは、先述の売却しやすさにプラスして、土地の形や状態を確認しやすいことです。土壌調査や地中埋設物の確認がしやすくなります。また、建物がないので買主は土地のイメージがしやすくなり、周辺建物等も把握しやすくなります。デメリットは、固定資産税の軽減がなくなるので課税額が高くなることと、解体費用が掛かることです。

 

尚、広島不動産は不動産業者としては珍しく、自社内に解体専門の部署があります。見積もりは迅速に行い、他社に依頼するよりも安く解体作業ができます。解体費用について不安であれば、まずは見積もりのご依頼からお受けしています。

 

まとめ

広島県内での一戸建て売却は、広島不動産にお任せください。広島不動産では、出張無料相談を行っています。売却に関するご相談やお悩みなどありましたら、広島不動産にお問い合わせ下さい。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.