~一戸建て査定、査定アップのポイントとは~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~一戸建て査定、査定アップのポイントとは~ 広島県内の一戸建て売却は広島不動産へ

広島県内で一戸建て売却時に、必ず行うのが物件の査定です。査定とは、今売却活動したときに概ね3か月以内に成約できそうな金額となります。では、一戸建て査定時はどんなところをポイントに、金額が算出されるのでしょうか?今回は、一戸建ての査定方法と査定が高くなるポイントについて解説します。

 

一戸建ての査定方法とは

査定には、周辺の成約事例と比較しながら金額を算出する机上査定と、実際の住戸を見て金額を決める実査定があります。一般的には、机上査定時は金額のベースとなる土地だけの価格を算出します。次に、実査定にて現物の家を確認します。外装内装の状況、設備の状況、通風、日当たり状況などです。また、土地の境界確定がされているかも確認します。かなり築年数が経過している物件だと、境界標がない場合もあります。この場合は、境界確定の測量が実査定前に必要で、正確な土地面積を算出します。土地査定額算出には、取引事例比較法を用います。つまり、これまでの成約事例と、査定する土地を比較し優劣をつけていきます。例えば、最寄りの駅距離が成約事例の物件より勝っていたらプラス評価、劣っていたらマイナス評価になるという具合です。これらの評価を総合し、事例より勝っているか劣っているかで査定価格が上下することになります。仮に、成約事例の土地が4,000万円で、査定物件の評価がプラスであれば査定価格は4,000万円超ということになります。また、建物に関しては木造の場合、築年数が経過するほど価値は大きく下がっていき、築20年を超えると建物評価は付かない場合が殆どです。したがって、一戸建ての査定はほぼ土地の価格と思ってもよいでしょう。

 

一戸建てで査定が高くなるポイント

一戸建ての査定で査定額が高くなるポイントは、下記のとおりです。

・整形地

・南面道路

・角地

・駅に近い

・綺麗に区画整理された住宅街

・有名な住宅街

・スーパーやドラッグストアなど商業施設が近い

・保育園に近い

・大手ハウスメーカー施工(築年数が浅い場合)

 

ますは、土地の形がよいことです。形が良ければ建物の設計やレイアウトがしやすくなります。次に、4m以上の南面道路に面していることです。南側の日当たりが取れるからです。更に、角地であれば二方からの採光が取りやすいなど、利点が増します。また、立地として駅から比較的遠い立地が多い一戸建てですが、駅まで徒歩10分以内など駅に近い立地であれば、希少性が高いので評価が上がります。次に、綺麗に区画整理された住宅街や、田園調布などの有名な住宅街も人気があるので評価高いです。次に、日常生活のしやすさもポイントとなります。例えば、スーパー・ドラッグストアなど商業施設に近い、また保育園や小学校に近いなども評価アップとなります。最後に、築年が10年前後と浅い場合に、大手ハウスメーカー施工物件であると、建物評価がアップする場合があります。

 

まとめ

広島県内の一戸建ての売却は、広島不動産にお任せください。広島不動産は、無料で出張相談もできます。また、広島県内初45日以内の早期売却と、買取り保証をつけています。更に、売却以外に不用品の買取りや回収も行います。広島不動産は、さまざまな相談をお受けできますので、不動産のお悩みは広島不動産にお問い合わせ下さい。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください

 

最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.