~不動産売却時に掛かる仲介手数料とは~ 広島県内の不動産売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~不動産売却時に掛かる仲介手数料とは~ 広島県内の不動産売却は広島不動産へ

中古不動産売却時には、必ず仲介手数料が掛かります。この仲介手数料は、売却費用の中では大きな割合を占めます。他に売却時には、売買契約時の印紙代や、ローンがあれば抵当権の抹消登記費用が数万円程度です。今回は、売却時に必ず掛かる仲介手数料について解説します。

仲介手数料とは

仲介手数料とは、主に個人間売買が多い中古マンション・一戸建て・土地取引の際に発生します。一般的に当事者同士では不動産取引の成立が困難な場合に、不動産業者が双方の間に入り取引の成立を手助けしますが、この際取引成立の対価として双方が支払うのが仲介手数料です。仲介手数料は、消費税を除いた金額をベースに算出しますが、個人間売買の場合に建物に消費税が掛からない非課税取引となるので、物件価格総額をベースに算出となります。尚、仲介手数料は一般的に売買契約時に一部を、引き渡し時に残金分を支払うケースが殆どです。

仲介手数料の金額とは

仲介手数料の金額は、物件成約価格により変わってきます。その算出式は下記のとおりです。
成約価格200万円までの部分→成約価格×5%まで
成約価格200万円超400万円以下の部分→成約価格×4%まで
成約価格400万円超の場合→成約価格×3%まで

 

例えば、1000万円で成約した物件の仲介手数料は下記のように計算します。
{(200万円×5%)+(200万円×4%)+(600万円×3%)}×1.1(消費税)=(100,000+80,000+180,000)×1.1=396,000円となります。

尚、上記算出式は面倒であるので、400万円超の場合は、一般的には下記速算式使われます。
(成約価格×3%+6万円)×1.1(消費税)となります。ここで6万円の意味は、200万円までの部分で掛かる(200万×(5%-3%))4万円と、200万円超400万円以下で掛かる(200万×(4%-3%))2万円を予め足したものになります。
同じように、1000万円の成約の場合の仲介手数料を計算すると、
(1000万円×3%+6万円)×1.1(消費税)=396,000円となるのです。

上記、仲介手数料の金額は上限となりますが、下限は特にありません。また、一般的に仲介手数料は成功報酬となるので、依頼した物件が成約とならない限り、支払いの義務はありません。

まとめ

広島県内での一戸建て・マンション・土地の売却は、広島不動産にお任せください。広島不動産は広島県初、45日以内の早期売却と買取り保証をつけてご案内できます。広島不動産では、出張無料相談を実施中です。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.