~不動産が売れない場合に行う対処方法~ 広島県内の不動産売却は広島不動産へ

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

~不動産が売れない場合に行う対処方法~ 広島県内の不動産売却は広島不動産へ

マイホームの売却を依頼したが、思うように売れないと困ります。売却は、売り出しをしてから1か月以内で買主が決まるのが理想ですが、物件によっては理想通りにはいかないことだってあるのです。このような場合に、どんな対策があるのでしょうか?今回は、不動産が売れない時の対処方法について解説していきます。

販売活動が芳しくない状況とは

販売活動が芳しくない状況とは、まず3か月活動して成約にならなかった場合です。このまま継続しても日数が過ぎるだけになるので、何かしらの対処する時期となります。次に、内見者がなかなか来ない場合です。3か月経過して内見者が数件であれば、状況はあまりよくありません。最後に、ホームページの閲覧件数や資料請求の数です。これは専属専任媒介契約であれば、不動産会社から週に1回報告がきます。

対処方法とは?

では、販売活動が芳しくない状況の時に、値下げ以外で行う対処方法とはなんでしょうか?

・販売価格の見直しを行う

・宣伝活動を強化してもらう

・インターネット上に出ている物件についての記載内容の見直しする

・空室であれば室内の家具を配置し、モデルルームのような設えにする

・不動産会社を変更する

・クロスやフローリングの交換など、簡単なリフォーム工事を行う

・買取りを検討する

 

まず、第一に考えるのが販売価格の見直しです。周辺相場から逸脱した金額をつけている可能性があります。不動産会社の査定が高すぎる可能性もあるので、自身で周辺物件の販売価格などを調べるのがよいでしょう。また、不動産取引は不動産会社の力量で売れ行きが左右するので、不動産会社の変更を決断してもよいでしょう。次に、広告やインターネット上の記載内容についてのブラッシュアップです。買主には、物件の魅力が十分に伝わっていない可能性があるので、物件の写真や紹介文などの見直しをしていきます。次に、物件が空室状態であれば、モデルルームのように家具を設置して内見者に部屋のイメージを膨らませる方法もあります。最後に、不動産会社への買取りを検討します。買取り価格は、一般の査定価格の7割位の金額になりますが、確実に即現金化できるがメリットです。また、一戸建てで建物がある場合は、解体して更地にするのもよいでしょう。更地のほうが土地の形状や状況、周辺状況がわかりやすくなります。解体に掛かった費用は、売却価格に上乗せしてもよいでしょう。

 

広島不動産は、依頼者の売れない心配を極力少なくするために、グループ45社の総力を結集し、45日以内の早期売却を目指します。また、45日経過後に売却完了していない場合には、買取り保証も選択できるようになります。また、住居内のリフォームや解体もグループ会社になるので、他社よりも格安でできるのがメリットです。広島不動産は、どんな状況でも的確に対応ができるので、広島県内の不動産売却は広島不動産にお任せください。

まとめ

広島県内のマンション・一戸建ての売却は広島不動産にお任せください。広島不動産はでは出張無料相談からお受けできます。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.