売却時の諸費用

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島市中区や東区での不動産売却時に掛かるのが諸費用です。では、諸費用にはどのようなものがあるのでしょうか?

諸費用にはどんなものがある

一般的に不動産売買時に諸費用と言われるものは下記になります。

〇仲介手数料

〇印紙代(売買契約時に必要)

〇抵当権の抹消費用(ローンがある場合)

まず中古不動産売買時には、一般的に仲介手数料が掛かります。売買金額が400万超の速算式になりますが、売買価格×3%+6万円+消費税となります。仮に、3000万円で成約した場合の仲介手数料は、(3,000万円×3%×6万円)×1.1=1,056,000円となります。尚、中古不動産の売買は個人間売買が多く、この場合物件価格に消費税はありませんが、仲介手数料は不動産会社が授受するものになるので消費税が掛かります。次に、印紙代です。印紙代は印紙税法の基づき契約金額5000万以下で15,000円、5000万超で30,000円を売主買主で折半するケースが殆どです。最後に、住宅ローンがある場合の抵当権の抹消費用です。買主に物件を引き渡す場合には、既存ローンを完済させ、付帯する抵当権を抹消するのが一般的です。この抵当権を抹消できず、万が一抵当権が実行されると買主は強制的に退去させられることになります。また、売却してもローンが完済できない場合は競売若しくは任意売却に移行せざる得ません。

 

他に掛かる費用

広島市佐伯区などで不動産売却するときに、諸費用以外に掛かるものもあります。

〇ハウスクリーニング費

〇リノベーション費

〇測量費

〇解体費

〇不用品の処分費

ハウスクリーニングは、義務ではありませんが次の人が気持ちよく入居できるように行っておくべきでしょう。次に、マンションでよくあるのがリノベーション販売です。部屋内のクロスや水回りなどを交換し、付加価値をつけて販売することです。初期費用は掛かりますが、その分の金額を上乗せして販売することが可能です。このリノベーションは広島不動産で行うこともできます。また、一戸建ての売却や土地の売却の場合、購入した年代が古いときは土地の測量が必要になります。次に土地の売却で古屋がある場合の解体費用も掛かります。一般的に解体は、手間とお金が掛かるので、更地で売り出しをしたほうが買主には好まれます。最後に、引っ越しなどするときに出る不用品の処分費です。使わない家具や物など、ごみとして出すにもお金が掛かります。尚、不用品の回収も広島不動産は行っているので大変便利です。広島市中区・東区・南区等で不動産売却の際は、広島不動産までお問い合わせください。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.