仲介と買取りの違い

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島市佐伯区・安佐北区・西区等で、不動産売却するときは広島不動産にお任せください。一般的に不動産の売買には仲介と買取りがあります。この2つの違いはなんでしょうか?

仲介とは

マイホームや土地売却するときは、自身ではできないので不動産会社に依頼します。この場合多くは、マイホームなどを売却案件として広告などで世間に周知して、買主候補者を集います。その後欲しいと思った人と売買契約を交わし売却して、引き渡しする。これが一般的な売却の流れです。この売却を円滑に行うためにサポートするのが広島不動産です。この一貫したサポートが仲介になります。不動産売買は個人間取引が殆どですが、取引に必要な書類や、司法書士や銀行の手配などは素人ではできるものではありません。不動産取引は、専門性が高い部分も多いので広島市中区・東区等での場合は広島不動産が仲介業者としてはおすすめです。また、仲介の場合は仲介手数料が発生し、不動産業者に支払います。尚、仲介手数料は成功報酬となるので、売買が成立しない場合には掛かりません。

買取りとは

次に、買取りです。買取りは、仲介のような売却期間を設けず即現金化できるというメリットがあります。仲介は、媒介契約から最低でも2か月程度は引き渡しまで時間が掛かりますが、買取りは1.2週間程度でできる場合もあります。また、仲介手数料は掛かりません。しかし、買取りの場合は一般的な査定価格の60%~70%が買取り価格になることが要注意です。理由は、買取りされた物件は、その後リノベーションを行い再販売するからです。尚、広島不動産では広島市中区・東区・西区などの売買案件を募集しています。広島不動産は、広島初!45日以内の早期売却と45日経過後買取り保証を付けての販売活動ができます。もし、販売が思わしくなければ買取りという選択肢もあり、売主が思う「売れないのでは」という不安を解消します。

まとめ

仲介か買取りの違いを解説してきました。結論は、売却期間が2.3か月程度取れ相場並みで売却したい場合は仲介、売却が思うようにいかない場合、若しくは現金化を急ぐ場合は買取りという選択になります。仲介のメリットは、相場並み若しくは高値追及できることです。買取りのメリットは、設備の修復責任や瑕疵担保責任が免責になることや、近隣の人に売却していることを知られることがないなどです。デメリットとしては、建物が古すぎる場合は買取りができないこともあります。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.