一般的なご質問

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島市西区・東区・南区で不動産売却をお考えの際に、疑問に思う点はさまざまあります。そこで今回は不動産売却時にある一般的な質問について解説します。

一般的な質問

(質問)査定時は自宅にいないといけない?

(回答)簡易的な机上査定であれば、自宅にいる必要はなく、周辺事例等を基査定額は算出します。尚、売り出しを始める前には必ず実査定が必要で、この場合は自宅での立ち合いが必要になります。

(質問)査定の費用は幾ら?

(回答)机上査定、実査定共に費用は掛かりません。全て無料でご案内できます。

(質問)査定価格は不動産会社によって違う?

(回答)不動産の査定価格は、各社評価ポイントに若干差がある為、大きく変わることはありません。但し、まれに売却案件欲しさに著しく相場より高値で出す不動産業者だけ要注意です。不動産は相場を外すと売却期間が長引くだけで、結局は最後値下げして相場並みか売れ残り物件として安くなる可能性もあります。売却のコツは、買主との良いタイミングでベストな価格設定で売り切ることが大事です。

(質問)売却価格はどのように決める?

(回答)売却価格は査定価格を基に、担当営業と話し合いのもと決定します。売却期間長めで高値追及したいのであれば、査定価格におおよそ5%程度上乗せした金額で提案、また早めに売却したいのであれば査定価格若しくは若干低めの金額で提案することになります。

(質問)実査定時、部屋は綺麗にしておいたほうが良い?

(回答)実査定時に部屋を綺麗にする必要はありませんが、担当営業が室内を確認します。したがって、確認しやすいよう物等を整理しておけば十分です。

(質問)居住中でも売却は可能?

(回答)居住中でも売却は可能です。この場合は内見者が来る度に立ち合いをしていただきます。

(質問)内見者が来る前に掃除は必要か?

(回答)内見者に物件の良い印象を与えるために、掃除は必須です。特にキッチンや浴室などの水回り、物を収納等に整理整頓、バルコニーに水を流すなど最低限の掃除を行うのがおすすめです。

(質問)売却の際に別途広告費などの負担はあるか?

(回答)売却の際に行う広告費等は全て○○不動産の負担になるので、一切の負担はありません。不動産売買は成功報酬制になるので、売買が成立しない限り費用は掛かりません。

(質問)住宅ローンが残ったまま売却は可能か?

(回答)既存の住宅ローンを、売却した資金若しくは売却資金でショートした分を貯蓄などの自己資金で補填できる場合は、売却は可能です。

(質問)売却がうまくいかない時はどうなりますか?

(回答)広島不動産では、45日以内の早期売却を目指しています。また45日以内に売却できない場合は、買取することもできます。また、媒介期間は3か月になるのですが、仮に3か月で売却ができない場合でも、媒介契約を更新し売却を続けることは可能です。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.