仲介売却について、仲介売却とは

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島市中区不動産売却、広島市東区不動産売却、廿日市市不動産売却をお考えであれば、広島不動産にお任せください。中古不動産売却は、一般的に仲介という手法で行われます。この記事では、仲介売却について解説します。

仲介売却とは

仲介(売却)とは、個人間売買において売主と買主の不動産取引が円滑に進むように、不動産会社が間に入ることです。フリマのようなお金と商品を授受する単純な取引であれば、専門業者が入る必要はないのですが、不動産取引は契約書、ローン、登記など素人では難しい部分も多くあるので、一般的には仲介という形態を取ります。この仲介売却を行うと一般的に、仲介手数料が発生します。取引が成立した場合のみ、売主買主双方が仲介した不動産会社に、仲介手数料を支払います。

 

売主がどの不動産会社に仲介を依頼するかは自由で、コンタクトを取る最初の手段は査定依頼が一般的です。売主が不動産会社に仲介を依頼するときの契約形態は3つあります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。このなかでおすすめは専属専任媒介契約です。この契約形態は、売主の売却案件を専属専任媒介契約した不動産会社のみ独占的に売却活動ができます。

 

したがって、売買成立時の仲介手数料を必ず得ることができるので、インターネット・チラシ・タウン誌などの広告費を先行的に投入しやすく、反響や内見者を多く募れる可能性が高いのです。つまり、不動産会社が売却に一番注力しやすい契約形態であり、売主的にも早期売却につながるのでお互いにとってメリットが大きいのです。

仲介売却時の不動産会社の業務

・売却物件の宣伝活動

・不動産業者や顧客からの問い合わせ対応

・内見日時のスケジュール調整

・内見立会い

・売主の代わりに買主と商談

・書類の準備(重要事項説明、契約書など)

・売買契約の締結立会い

・住宅ローンの斡旋

・司法書士など関係会社への連絡

・引渡し

 

売却物件の宣伝活動とは、チラシやインターネットへの掲載です。また、広告を見た顧客からの問い合わせや、レインズを見た他の不動産業者からの問い合わせ対応があります。次に、内見者が決まれば売主とのスケジュール調整や、当時内見の立会いがあります。その後、内見者が購入意思を示せば、買付申込取得、値引き交渉もあります。条件等が纏まれば売買契約で、その後、買主はローン審査です。最後は引き渡しに向けて、登記の準備、最終金の確定、ローンの実行手配など業務は多岐にわたります。

まとめ

不動産会社の業務は多岐に渡り、一つの取引成立には時間と労力を要します。媒介契約から引き渡しまで、早くても2か月程度要し、書類の準備や関係各社への手配は不動産業者にしかできないことです。不動産業者の仕事は、取引を円滑に進めることもありますが、売主と買主双方が満足いく取引を目指しています。不動産売買は、長期的なスパンとなるので不動産業者は、信頼と安心できる会社であることが重要です。広島不動産は、地域密着型の営業で多くの実績と信頼を得ています。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.