仲介売却のデメリット

広島不動産

お気軽にお問い合わせください

広島市中区不動産売却、広島市西区不動産売却、広島市安佐北区不動産売却をお考えなら、広島不動産にお任せください。一般的な売却手法である仲介売却ですが、メリットがある反面デメリットも当然にあります。この記事では、仲介売却のデメリットを解説します。

仲介売却のデメリット

仲介売却のデメリットは、主に下記の通りです。

・いつ売却できるか明確にわからない

・売却活動が長期間になる可能性もある

 

まず、仲介売却の最大のデメリットは、いつ売却できるか明確にわからないということです。つまり、買主が現れない限り売却活動は続きます。したがって、買換えで新居の購入に売却資金を充当する場合は、売却期間に期限があります。期限に近い時期まで売却活動が続いているときは、価格を下げたりして売り急ぐ必要が出てきます。次に、売却活動が長引く可能性があります。先述のように買主が現れるまで継続的に広告や、内見者が来た場合の対応などは、繰り返し行うことになります。売却が長期間となると、買い叩かれることや、売主の売却に対する心意気や士気が下がることもあります。したがって、売却は早期に完了するのが一番良いのです。

仲介売却のデメリットを解消する広島不動産の手法とは

広島不動産では、45日以内の早期売却を目指し、且つ買取り保証付きです。広島不動産では、グループ会社の総力を結集し、買主の募り早期売却の可能性を追求します。これは単に価格を下げて販売するのではなく、多くの買主候補を募り契約の可能性を高めていくということです。また、万が一早期売却ができず媒介契約から45日を経過した場合、事前に取り決めた買取り保証額での買取りも実施できます。買取りは、金額が下がってしまうので売主としてはデメリットもあります。しかし、売却が長引けば買い叩かれることもありますし、また広島不動産は他社に比べて高い金額で買取りできます。その理由についてですが、一般的に買取り業者は買い取った不動産を、リフォーム施し再販売します。更に、そのリフォームは不動産会社がリフォーム業者に依頼して工事するので、経費が掛かります。そのため、買取り価格は査定価格の60~70%の買取りとなるのです。しかし、広島不動産では自社内にリフォーム部門があり、余計なマージンが掛かりません。その分、安くリフォームを仕上げることができるので、買取り価格は70~80%と高くなるのです。尚、買取りの場合に仲介手数料は掛かりません。このように買取り価格が高めな広島不動産であれば、売却を長期化させるより買取りという選択をしたほうが、総じてお得になることもあるのです。

まとめ

広島市東区不動産売却、広島市南区不動産売却を検討であれば、広島不動産にお問い合わせください。他、広島県内の不動産売却相談等もお待ちしています。

広島で家の売却、家探しをするなら広島不動産におまかせください
最新情報をチェックしよう!
お電話でのお問い合わせ
無料査定依頼
Copyright c Hiroshima Fudousan Co.,Ltd. All Rights Reserved.